WordPressのバージョンを更新する

WordPressのバージョンの更新方法

WordPressは、常にバージョンアップされています。
ダッシュボード左のツールバーに「更新」の横に数字が表示されたら、クリックしてみてください。
何が更新できるのか、表示されるはずです。

画面の上の方に「WordPress〇〇〇〇が利用可能です!今すぐ更新してください」という文字が表示されたら、WordPressのバージョンアップが可能というサインです。
但し、新しいバージョンには、時々バグ(ブログラムの不具合)が含まれる場合がありますので、少しタイミングをずらすか、情報収集をしてから更新することをお勧めします。

PCやスマホで解説動画を見ながら作業を進め、一通り終わったら、このページの解説を読みながら確認すると分かりやすいと思います。

 

WordPressの更新方法 解説動画

WordPressの更新、旧エディターのプラグイン「Classic Editor」のダウンロード・有効化の方法は、次の動画をご覧ください。
※プラグイン「Classic Editor」は、「プラグインのインストール」のページでもインストール方法を解説しています。

 

ダッシュボードのツールバーに「更新」が表示

左側のツールバーの「ホーム」の下「更新」の横に赤丸で数字が表示されると、WordPress・プラグイン・テーマのいずれかの更新が可能です。

下の図のように「WordPress5.0.1が利用可能です!今すぐ更新してください」の文字が表示されると、WordPressの更新(バージョンアップ)が可能になります。

 

上の図の「今すぐ更新してください」の青い文字をクリックすると、下の画面が表示されます。

「今すぐ更新」の青いボタンをクリックすると、WordPressが新しいバージョンに更新されます。

 

ただし、WordPress5.0以上のバージョンからは、記事を更新する際に使用するエディターが大幅に変更されました。
そのため、旧エディターである「Classic Editor」というプラグインをインストールしておきましょう。

「Classic Editor」をインストールするためには、下の画像の「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

「キーワード」に「Classic Editor」と入力し、Classic Editorを表示させます。

「Classic Editor」が表示されたら、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。
しばらくすると「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので、それもクリックします。

有効化されると、次の画面が現れます。
薄い水色になっているプラグインが、有効化されたものです。

「Classic Editor」をインストール・有効化したら、WordPressをバージョンアップしましょう。
プラグインの文字の上の「WordPress〇〇〇が利用可能です!今すぐ更新してください」の「今すぐ更新してください」の青い文字をクリックします。

下の画像の「今すぐ更新」の青いボタンをクリックします。

バージョンが更新され、次のような画面が現れます。
WordPressの後に続く数字(バージョンを表す)は、バージョンによって変わります。

 

関連記事

  1. WordPressとは

  2. 「お名前ドットコム」サーバーにログインし、WordPress…

  3. WordPressのダッシュボード(編集画面)にログインする…

ブログ一覧