WordPressとは

WordPressは世界シェアナンバーワンのCMS

このホームページ講座では、WordPressを使ってホームページを作成します。
WordPressは世界シェアナンバーワン(日本でもナンバーワン)のCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、Webサイト(ホームページ)を作る時にHTMLやCSSと呼ばれる言語コードが必要なく、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。
つまり、CMSを使うことで、専門知識がなくても簡単にWebサイト(ホームページ)の管理・編集ができ、初心者でもWebサイト(ホームページ)を運用することができるのです。
WordPressは、このCMSの代表と言っても過言ではありません。

身近な言葉で表現すると、アプリやソフトと考えると分かりやすいでしょう。
実際、スマホで使えるWordPressのアプリも出ています。

 

WordPressとは

WordPressは、世界シェアナンバーワンのCMS(コンテンツマネージメントシステム)で、2003年5月に開発されて以来、現在までバージョンアップを続け、今では大企業のホームページにも使われています。

現在、検索エンジン(インターネット上の情報を検索するシステム。表示する順位も決めている)と言えばGoogleですが、Googleの検索エンジン開発者が「WordPressはSEOに効果がある」と公言したこともあり、検索順位を上げるためには、WordPressを使うと良いと考えられています。実際に検索エンジンの開発者が言っているのですから、説得力がありますよね。

もともとWordPressは、ブログ作成用に作られたため、日々更新する投稿が簡単にできるのも特徴です。
今ではブログだけでなく、企業のホームページとしても広く利用されています。

 

WordPressのメリット・デメリット

世界シェアナンバーワンCMSのWordPressのメリット・デメリットをまとめてみました。

WordPressのメリット
  1. 商用利用が可能
  2. 独自ドメインが使える
  3. テーマ(テンプレート)が豊富
  4. プラグインによる機能拡張が可能
  5. 常に進化している

何と言っても嬉しいのが、自分のドメインを使用し、商用利用が出来ることです。
無料でホームページやブログを作るサービスもありますが、独自ドメインが使えなかったり、商用利用が禁止されていたり、そのサービスが終了してしまった際に、それまで作った記事や画像などが、すべて消去されてしまう怖さがあります。
WordPressで作ったホームページやブログは、自分のドメインに紐づけているため、自分のドメインの価値を高めることにつながります。

世界シェアナンバーワンのため、テーマ(テンプレート)もたくさん公開されています。
無料テーマについては、WordPressの管理画面からダウンロードし放題です!
ただし、英語表記ですし、使い方については、自分で研究して行くしかありません。慣れていない方には、あまり使い勝手が良いとは言えないかもしれません。

有料テーマについては、1万円前後で日本語版が販売されています。
私がお勧めしたいのは、TCDというWordPressテーマのデザイン会社のものです。
デザインも豊富で、使いやすく、何より美しい!
この講座でも取り上げていますので、ぜひ使ってみてください。

プラグインとは、機能拡張のために追加するプログラムのことです。
WordPressにはたくさんのプラグインがあり、すべて無料でダウンロードできます!
ただし、英語表記のみで使い方が分かりにくいものや、セキュリティが甘く穴になってしまうものもありますので、ダウンロードするときにはレビュー等をしっかり参照することをお勧めします。

WordPressはオープンソースという形を取っているため、世界中の技術者たちが日々改訂を楽しんでいます。ここからWordPress自体の改善につながることもあり、2003年の開発以来、常に時代に合った進化を遂げているのです。

しかし、そんなWordPressにも、やはりデメリットはあります。

WordPressのデメリット
  1. アカウントが狙われやすい
  2. 細かいカスタマイズには専門知識が必要

シェアが高いと、どうしてもアカウントが狙われやすくなります。ただし、よく耳にするLINEやFacebookのアカウントの乗っ取りとは違い、友達に不本意なメッセージを流されたり、身に覚えのないイベントが立ち上がり、友達にシェアされるようなこともありません。

WordPressのアカウントの乗っ取りで起こることは、Webサイト(ホームページ)にログインされ、例えば立ち上がりが遅くなるコードを埋め込まれたり、トップページをまったく違うページに変えられたりという、いたずらまがいの事例が上がっています。
また、最近あったのは、更新を怠り、管理画面にしばらくログインしなかったところ、管理画面に侵入され、かなりの数の投稿をアップされたあげく、投稿記事にアダルトサイトのリンクを貼られ、サーバー管理会社の規約違反によりサイトの表示停止となってしまったケースです。
これは、私が知っている限りで、3つ以上あった事例です。
自分のホームページを作ったら、時々サイトを確認することはもちろん、管理画面にもログインし、不審な動きはないかチェックしておきましょう。

WordPressでホームページやブログを作る場合、テーマ(テンプレート)を使うため、専門知識がなくても美しいサイトが完成します。
ただし、背景の色を変えたい、下線を点線にしたい、四角い表の角を丸くしたいなど、細かいカスタマイズにはCSSなどの専門知識が必要になります。ネットで調べれば意外と簡単にカスタマイズできる場合もありますので、興味がある方は、調べてみるのもいいかもしれません。
できればテーマ(テンプレート)通りの完成に満足していただき、肝心な「コンテンツ(文章、画像、動画など)」作成に力を入れていただくことをお勧めします。

 

関連記事

  1. WordPressのバージョンを更新する

  2. WordPressのダッシュボード(編集画面)にログインする…

  3. 「お名前ドットコム」サーバーにログインし、WordPress…

ブログ一覧