WordPress:投稿の方法

WordPressの投稿方法

WordPressで作成したホームページやブログでは、「投稿」ページを更新して行くのが一般的です。
仕事につながる記事や自分を知ってもらう記事を投稿することで、検索されやすいホームページにして行きましょう。

ここではプラグイン「Tiny MCE Advanced」がインストールされている前提で説明します。

投稿画面の表示

ダッシュボードの「投稿」から「新規投稿」をクリックします。

新規投稿画面が開きます。

 

タイトル・パーマリンク

投稿記事は、予めWordで作っておくといいでしょう。
バックアップにもなりますし、投稿作業がコピペのみになり、作業時間が短縮されます。

最初に記事のタイトルを入力します。

タイトルを入力し、エンターキーを押すと、パーマリンクが表示されます。

パーマリンクの表示設定については、「設定」の「パーマリンク設定」で変更できます。
ここではパーマリンクを「投稿名」に設定しているため、タイトルを入力し、エンターキーを押すと、日本語の投稿名が入ったパーマリンクが設定されます。

このままでは、例えばこの記事をFacebookなどで紹介する時に、下の画像のように記事のURLが文字化けしてしまいます。
※パーマリンクとは、記事のURLとなるものです。

この文字化けを避けるため、パーマリンクを英数字に変更します。
パーマリンクの投稿名の右にある「編集」ボタンをクリックします。

投稿名部分が編集できるようになるので、日本語の投稿名を削除し、英数字を入力、「OK」ボタンを押します。

例えば、次のように「yuigon-kakikata」と入力し、「OK」ボタンを押すと、

次のように英数字のパーマリンクが設定されます。

パーマリンクは「編集」ボタンで変更できますが、変更すると記事のURLが変わってしまうため、頻繁に変更することはお勧めしません。

 

記事の入力

タイトルを入力し、パーマリンクが設定出来たら、記事を入力します。
予めWordで記事を作成しておくと、コピペが出来て作業時間を短縮できます。

<Word作成例>
タイトル、概要(記事の簡単な説明)、文章に分けて作成しましょう。
記事には、Wordで作成した文章をコピペします。
※ここでは、大見出しとして<見出し3>、小見出しとして<見出し4>を入れて作成しています。

記事を入力します。
予めWordで作成した記事のコピペ、または、直接入力して行きます。

 

「見出し」を使う

「見出し」とは、新聞を始めとする様々な記事、文章において内容の要点を短い言葉にまとめ、本文より大きな字で章や節の最初に置かれる言葉を指します。
新聞や雑誌の記事も、「見出し」が設定されることで分かりやすく読みやすくなりますが、インターネット上で公開される記事に「見出し」を設定するのは、分かりやすく読みやすくなるだけでなく、検索順位を上げるSEO対策としても重要です。

ここでは、大見出しに「見出し3」、小見出しに「見出し4」を使います。
「見出し」は、次のボタンで設定出来ます。

大見出しに「見出し3」を設定します。
見出しに設定する文字(ここでは「遺言書のルールとは」)を範囲指定します。

範囲指定したまま、段落の横の▼ボタンをクリックし、「見出し3」を選択します。

範囲指定した「遺言のルールとは」が「見出し3」に設定されました。
文字が太字になり、サイズも大きくなったのが分かります。
ここではWordで作成する際に目印として<見出し3>と入れているので、設定出来たらこれは削除しましょう。

<見出し3>の文字を削除すると、次のようになります。

続いて、「自筆証書遺言の一般的なルール」を「見出し4」に設定し、目印として入れた<見出し4>を削除します。

 

引用文を入れる

出典がある場合は、「引用」を使います。
「引用」は、次の赤い四角のマークを使うと、簡単に設定できます。

引用する文章を範囲指定し、「引用」ボタンを押します。

次のように、引用マークと共に、四角い枠の中に引用文が表示されます。

 

リンクを貼る① 他者のページ

参考になるページや、お問合せフォーム等のページをクリック1つで表示さるように設定することを「リンクを貼る」と言います。
リンクを貼る、リンクを解除するためには、次のボタンを使います。

ここでは、裁判所の検認手続きについて書いてあるページを参照できるよう、リンクを貼ります。

「裁判所 検認手続き」等のワードで検索し、裁判所のページを開きます。
検認に関するページを見つけたら、URLをコピーします。
※他者のページのリンクを貼る場合は、「このサイトについて」等に書いてある取り扱いを必ず確認し、指示に従いましょう。

コピーしたURLを青枠の中に貼り付け、青矢印ボタンをクリックして適用します。

リンクが貼られると、下の図のように文字が青字になり、下線が付きます。

 

リンクを貼る② お問合せページ

「リンクを貼る①」では、他者のページのURLを入力してリンクを貼りましたが、ここでは自分のホームページ内のお問合せページのリンクを貼る方法をお伝えします。

リンクを貼る文章を範囲指定し、リンク挿入ボタンをクリックします。
ここではホームページ内のページをリンクさせるので、青矢印ボタンの右にある「歯車ボタン」をクリックします。

下のような画面になるので、下に表示された「お問い合わせ」をクリックすると、自動的にURLが追加されます。
下の青い「リンク追加」ボタンをクリックして完了です。

リンクを貼った部分が青い文字になり、下線が付きました。

 

meta titleとmeta description

WordPressのテーマによっては、「meta titleとmeta description」が設定できるようになります。
これは、SEO対策として設定することをお勧めします。

下の図のように、meta titleには投稿のタイトルを、meta descriptionには投稿の概要(記事の説明)を入力します。

<入力例>

 

カテゴリー

投稿記事には、カテゴリーを設定できます。
カテゴリーごとに表示させることができるので、読む人のためにも、カテゴリー分けしておきましょう。

カテゴリーは「カテゴリー一覧」から選択するか、「新規カテゴリーを追加」で追加して設定することができます。
また、複数のカテゴリーを選択することもできます。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは、ブログの記事冒頭や記事一覧ページに配置される画像のことです。
アイキャッチ画像があることで、文字通り目を引き付ける効果を発揮します。

アイキャッチ画像は、メディアライブラリーの画像を設定する方法と、自分のPC等に保存されている画像をメディアライブラリーにアップロードして設定する方法があります。

<メディアライブラリーの画像を設定する方法>
「アイキャッチ画像を設定」の青い文字をクリックすると、メディアに移動するので、アイキャッチ画像を選択します。

「メディアライブラリ」からアイキャッチ画像に設定する画像を選択し、「アイキャッチ画像を設定」の青いボタンをクリックします。

メディアライブラリーから選択、設定した画像が、アイキャッチ画像として設定されます。

<自分のPC等に保存した画像を設定する方法>
「アイキャッチ画像を設定」の青い文字をクリックすると、メディアに移動するので、アイキャッチ画像を選択します。

「ファイルをアップロード」をクリックします。

「ファイルを選択」ボタンをクリックすると、PC内等のフォルダが表示されます。
画像を保存しているフォルダを選択し、画像を選択したら「開く」をクリックします。

メディアライブラリーに移動し、アップロードした画像が表示、選択されているのが分かります。
右下の「アイキャッチ画像を設定」ボタンをクリックします。

アイキャッチ画像が設定されます。

プレビュー

公開前に、一度「プレビュー」ボタンで確認しましょう。
実際にどのように表示されるのかが確認できるので、改行等のバランスを最終チェックしましょう。

公開

投稿記事が完成したら「公開」ボタンをクリックして公開します。
「公開」ボタンは「更新」ボタンに変わり、公開後の編集は「更新」ボタンで更新します。

「公開状態」の「公開」の右にある「編集」をクリックすると、公開・パスワード保護・非公開が選択できます。
一度公開した記事を非公開にすることもできますし、パスワード保護にしてパスワードを設定し、限定された人だけに公開することも可能です。

また、「すぐに公開する」の右にある「編集」をクリックすると、公開日を設定できます。
予約投稿もできますし、過去に遡って投稿することもできます。

テーマ「TCD Precious」を使って作成すると、投稿記事は次のように表示されます。
実際の記事はこちらからご覧いただけます。

 

関連記事

  1. 投稿のカテゴリーの追加・修正

  2. 投稿の公開日時変更・予約投稿

  3. 記事内に外部リンクを貼る方法

  4. 投稿記事に画像を追加

  5. WordPressインストール時に自動的に作成される記事

  6. 準備シートの内容について

ブログ一覧