プラグインのインストール

プラグインのインストール

プラグインとは

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するツールのことです。
スマホのアプリのようなものと考えると分かりやすいでしょう。
ここでは、お問い合せフォームを作成するプラグイン「Contact Form 7」と、エディター機能を増強するプラグイン「Classic Editor」と「Tiny MCE Advanced」をインストールし、有効化します。

PCやスマホで解説動画を見ながら作業を進め、一通り終わったら、このページの解説を読みながら確認すると分かりやすいと思います。

 

プラグインのインストール 解説動画

プラグインをインストールし、有効化する方法について解説しています。

 

プラグインの追加

プラグインを追加するには、左のサイドバー「プラグイン」にポインタを合わせ、「新規追加」をクリックします。

プラグインはすべて無料でダウンロードできますが、セキュリティの甘いものをインストールすることで、ハッキングされやすくなる場合もあるので注意してください。
現在のバージョンと互換性があるものや、レビューの評価が高いものを目安にするといいでしょう。
「有効化」のボタンが表示されているのは、すでにインストール済みだけど有効化されていないもの、「有効」のボタンが表示されているのは、すでにインストール済みで、有効化されているものです。

下の画像のように、「人気」をクリックすると、人気のあるプラグインが表示されます。

富士山のアイコン「Contact Form 7」をインストールします。(お問い合せフォームを作成するプラグインです)
アイコンは、変わることもあるので注意しましょう。その場合、プラグインの名前と作者で判断するといいでしょう。

インストール完了後、「有効化」ボタンが表示されるので、クリックして有効化します。

有効化が完了すると、次のような画面が表示されます。
有効化されたものは水色で表示され、インストールされているけれど有効化されていないものは白色で表示されます。
白色で表示されているプラグインを有効化したい場合は、「有効化」の青い文字をクリックするだけです。
また、有効化したものを無効にする場合は、「停止」の青い文字をクリックします。

同様に、左のサイドバー「プラグイン」にポインタを合わせ、「新規追加」をクリックし、「人気」をクリック、下の方にスクロールし、メモのアイコンの「Classic Editor」と、鉛筆のアイコンの「Tiny MCE Advanced」をインストールし、有効化しましょう。

<Classic Editor>

<Tiny MCE Advanced>

 

関連記事

  1. 固定ページ「お問い合せ」を作成

  2. コンタクトフォーム作成用コード

  3. プラグインとテーマの更新

ブログ一覧