SEO対策 キーワード(検索ワード)の選び方

キーワードの選び方

ホームページを見てもらうためには、検索順位を上げることが重要です。
検索順位については、次の記事も参照ください。

 

検索順位を上げる1つの方法として、検索ワードを使い記事を書くことが挙げられます。
検索されるワードがタイトル等に入っていなければ、検索されることはないと言っても過言ではないからです。
検索ワードを知る方法はいくつかありますが、ここでは、簡単に調べられる3つの方法をご紹介します。

 

検索ワードを知る3つの方法

①Good Keyword

キーワードを入れるだけで、それと一緒に検索されているワードを検索順位の高いものから列挙するツールです。
登録もなく、次のサイトから簡単に調べることが出来ます。

Good Keyword キーワード検索ツール

次のような画面が表示されるので、「遺言書」などのキーワードを入れて「検索」ボタンをクリックします。

「キーワードを入力してください」の部分に「遺言書」と入力し、「検索」ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。
(画面仕様は時々変わります)

ここに列挙されているワードが、実際に検索されているものなので、このワードを使って記事を書きましょう。
例えば、「遺言書の検認とは?」「遺言書作成にお勧めの遺言書キットとは」など、タイトルに使用し、記事の中にも入れて行くといいでしょう。

また、右下の折れ線グラフは、今回調べたキーワードの検索ボリュームの変化を表しています。
これを見ると、遺言書というキーワードの検索が、ここ数年増えていることが分かります。
遺言書に対する関心が増えていると考えられるでしょう。

 

②検索バー

検索をしていると、そのワードと一緒に検索されているワードが自動的に表示されます。
「遺言書」と検索し、遺言書の後にカーソルを置いたり、スペースを入れると、下の図のように表示されます。
(下は、Google Chromeのシークレットモードを使用して検索した場合)

これは、「遺言書」というワードと一緒に「遺留分」や「公正証書」というワードが検索されているということなので、ここに表示されるワードを使い記事を書くこともお勧めです。
この方法なら、何かを調べるついでに出来そうですね。

 

③related-keywords

本格的に検索ワードを調べたい場合は、こちらのツールがお勧めです。
次のリンクから、登録なしで利用できます。

related-keyword キーワード検索ツール

次の画面が表示されるので、検索キーワードを入力し、「取得開始」ボタンをクリックします。

「遺言書」と入力し、「取得開始」ボタンをクリックすると、次のような画面が現れます。

左上の「Googleサジェスト」に並んでいる10個のキーワードは、Google検索エンジンで頻繁に検索されているワードなので、この10個を使って10記事書くと効果的でしょう。
余裕があれば、その他のワードでも記事を書いてみましょう。
あ~わまでのキーワードが並び、その横には、AからZまでのキーワードが並んでいます。

さらに、「Yahoo知恵袋」や「教えて!Goo」で取り上げられている質問も列挙され、すべてがリンク先に飛べるようになっています。
実際の疑問や困り事を読むことが出来ますので、お客様の生の声に触れることが出来るでしょう。

こちらのツールを使えば、キーワードに悩むことはなくなるはずです。
ぜひ活用してくださいね!

 

関連記事

  1. 検索順位の調べ方

  2. 検索エンジンと検索順位が決まるしくみ

  3. SEO対策の基礎

  4. SEOとは

  5. SEO対策 中級編

  6. ライティング 記事の書き方

ブログ一覧