検索エンジンと検索順位が決まるしくみ

検索エンジンと検索順位が決まるしくみ

「検索順位が1位になりました!」という言葉を聞いたことがあると思います。
ホームページを作り、運営する場合、検索順位についても気にかける必要があるでしょう。
なぜなら、検索順位が10位以内にならないと、検索してもらって記事を読んでもらう可能性が低いからです。

検索順位のイメージについては、次の記事で図説しているので、ご覧ください。

ここでは、検索エンジンと検索順位が決まるしくみについて解説します。

検索エンジンとは

検索順位を決めているシステムを「検索エンジン」と言います。
現在、日本国内の主な検索エンジンは、次の3つです。

  • Google
  • Yahoo
  • Being

GoogleとYahooは、実は同じ構造になっています。
どちらもGoogleが開発した検索エンジンと考えていいでしょう。
そして、Googleのシェアが8割弱、Yahooと合わせると、8割強となります。
世界シェアは、Googleが9割を占めています。

つまり、圧倒的にGoogleの独占体制で、Googleが「良い」と言うものが、検索順位上位になると言えます。
そのため、Googleの方針には、常に注目が集まっています。

 

検索順位が決まるしくみ

検索順位が決めるしくみについては、Googleの方針から次の3つが重視されていると言われています。

  1. コンテンツ(記事)
  2. リンク(内部リンク、外部リンク、被リンク)
  3. サイト設計(新しいWPテーマならほぼ問題なし)

1つずつ解説して行きましょう。

1.コンテンツ(記事)

Googleは、以前から次のように検索エンジンを定義しています。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。
~Googleがユーザーのためにしていること~

これが、Googleがユーザーファーストと言われるところで、ユーザー、つまりサイトの記事を読む人、インターネットを利用して悩みを解決しようとしている人(検索する人)にとって、最適なページを検索上位にするのがGoogleの検索エンジンの目的です。

検索して調べる人は、何かを知りたい、何かを解決したいと思っています。
その人たちに対し、知りたいことを渡してあげるページが良いページだとGoogleは考えているので、検索順位を上げたければ、ユーザーの悩みを解決してあげる記事を書くことが重要です。
これが、「1.コンテンツ(記事)」です。

まずは何より、記事の内容、読みやすさ、見やすさが、検索上位に上がるヒケツです。
ユーザーが知りたいことが何なのか、どの順番で書くと分かりやすいのか、図や画像、動画を取り入れるなど、徹底的なユーザー目線で記事を作成することが大切です。

2.リンク(内部リンク、外部リンク、被リンク)

リンクとは、他のページを示すもので、クリックすると他のページにジャンプするようになっています。
リンクには3つの種類があります。

  1. 内部リンク
    同サイト内のページへのリンク。
    例:お問合せはこちら、などのお問合せページへのリンク
  2. 外部リンク
    別のサイトのページへのリンク。
    例:民法の改正について、法務省のページをリンク
  3. 被リンク
    別のサイトから、自分のページがリンクされること
    例:この記事が分かりやすいですよ!と、他人のサイトに自分のページのリンクが貼られる

リンクで一番重要なのことは、関連記事の紹介として掲載することです。
そして、読んでいる人にクリックされて、リンクページも読んでもらうことが必要です。

また、被リンクの場合、有名人などのパワーのある人のサイトからリンクされると、ページの価値が上がると言われています。
SNS等で自分よりもパワーのある人とつながり、ページを紹介してもらえるといいですね。

他人のページのリンクを貼る場合(外部リンク)は、取り扱いに気を付けましょう。
リンクフリーの場合でも、リンクの貼り方について条件があることもありますので、必ず調べましょう。

 

3.サイト設計

サイト設計については、ここでは詳細は省略します。
これは、目に見えない内部のコード等に当たるものなので、専門知識がないと編集できません。

そこで注意したいのは、テーマ選びです。

このホームページ制作オンライン講座では、有料、無料のテーマを使ってホームページを制作する方法をお伝えしていますが、どちらのテーマもサイト設計には問題ないと考えて大丈夫です。
特に有料テーマについては、「行政書士専門ホームページ制作講座」でも使用しているもので、参加者からの評判も良く、キーワードを意識して記事を上げて行くことで、1~3ヶ月で検索順位10位以内に入る方も少なくありません。
テーマにお金をかけたくない方もいると思いますが、やはり有料には有料の良さがあります。
本気でホームページを仕事につなげたい方は、有料テーマ「Precious」をお勧めします。

 

 

関連記事

  1. SEO対策 中級編

  2. ライティング 記事の書き方

  3. 検索順位の調べ方

  4. SEO対策の基礎

  5. SEOとは

  6. SEO対策 キーワード(検索ワード)の選び方

ブログ一覧